簡易診断(簡易耐震診断)

診断を行える建築物の条件

昭和56年6月以前の建物(旧耐震建築物)床面積300㎡以下(90坪)3階建て戸建て住宅
RC造まで、補強コンクリートブロック造は2階建てまでといたします。
調査する建物は沖縄県内であること、簡易診断の申込者は、住宅の所有者であることが条件となります。

※あくまで旧耐震の建築物が対象となります。新耐震建物(昭和56年6月以降)については対象外となります。

↓ 詳しいことはブログにも記載しておりますので、クリックして御覧ください。

沖縄本島内で簡易耐震診断を行えるようになりました。

 

↑ 柱の爆裂が起きているのを打診棒というものでチェックしているところです。

↑ 柱の爆裂が起きているのを打診棒というものでチェックしているところです。

PAGE TOP
電話で問い合わせる