住宅診断(ホームインスペクション)in 今帰仁村

築50年 木造(古民家住宅)

今回は、本土からの問い合わせで住宅診断業務を行いました。今回はの対象物件は、沖縄の築50年の古民家を対応いたしました。また古民家でも一度、手を入れられ所々リフォーム済み物件という
こともあり、外観、内観と共に調査を行いましたので簡潔ではありますが説明したいと思います。

調 査 内 容

↑ 外観につきましては、外壁塗装が行われており木材の腐食した箇所につきましては、取替えなどが行われているのが確認できました。沖縄の古民家の場合、基本、基礎が無い状態で外壁も杉板
張りで塗装はほとんど行われていない建物になりますので、白蟻や害獣などの住処になっているケースがありますので、建物購入する際には、調査をいれることをお薦めいたします。

↑ 外観の紫外線に当たらない範囲内につきましては、経年劣化が遅れているので、躯体のひび割れや木の腐食などはありませんでした。

↑ 外部に面する木製ドアの取っ手の腐食の写真になります。これは内部用の取手になりますので、劣化が激しい状態となっております。施錠付きではありますが、出来れば外部用の取手に取替え
することをお薦めいたします。

↑ 建物内部について調査を行いました。沖縄の古民家の場合、白蟻の蟻道や木材の被害箇所が多く見受けられます。当社ではあくまで目視範囲内にての検査になりますので内部調査になりますと
専門の白蟻駆除業者に調査依頼することをお薦めいたします。

↑ 基本、内部調査は目視範囲内による検査になりますが天井点検口や床下点検口が設置されている場合、そこから見渡せる範囲内を調査範囲内としてガイドラインに定められております。
他社では床下を潜っての調査を行っているケースがありますが基本、白蟻業者に調査依頼することをお薦めいたします。

↑ 建物内部について調査を行いました。沖縄の古民家の場合、白蟻の蟻道や木材の被害箇所が多く見受けられます。当社ではあくまで目視範囲内にての検査になりますので内部調査になりますと
専門の白蟻駆除業者に調査依頼することをお薦めいたします。

↑ 給排水設備、電気設備も古民家でも調査対象として対応いたしました。水漏れや電気の使用上の不具合などの有無を確認いたしました。

※住宅診断(ホームインスペクション)での問い合わせする際には、電話若しくはメール等にてよろしくお願いいたします。

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる