適合証明検査業務(フラット35)in 沖縄市

築 10年 木造2階戸建て住宅

沖縄県内にてフラット35適合証明検査業務を行っております当社では、RC造、鉄骨造、木造の検査業務を行いチェック項目に問題が無ければ適合証明書を発行しております。
今回は、木造の建物を検査してまいりましたのでご紹介したいと思います。

検 査 内 容

↑ 小屋組みの内部に入り雨漏りの有無や金具の固定状況の確認を目視範囲にて検査を行いました。

↑ フラット35の検査では木造や鉄骨造の軒裏に換気口が1面に対し2か所以上の有無を確認いたしました。

↑ 床下点検口から目視範囲にて躯体基礎にひび割れや、剥がれ、欠けなどがないかを確認を行います。また木床下地組については白蟻などの被害跡がないか?確認を行いました。
白蟻の建物についてよく相談を受けますが、基本、白蟻の調査につきましては白蟻業者にて調査を行い予防や駆除を行っていく流れになります。

↑ 床下点検口より給水管からの水漏れが無いか確認を行いました。

↑ フラット35の検査について浴室に手摺1か所以上。室内階段に手摺を設置した場合、金利優遇措置が受けることができます。細かい詳細につきましては各金融関係にてご相談ください。

↑ 基礎の立ち上がり高さ 築10年以内は40cm以上 築10年を超えますと30cm以上の確認をスケールを使用して確認を行います。又、躯体のひび割れや剥離などの確認を行い検査は終了となります。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる