住宅診断(ホームインスペクション)in うるま市

築5年 木造 2階戸建て住宅

今回は、うるま市の築5年の木造住宅を住宅診断(ホームインスペクション)業務を行ってまいりました。
築浅の物件ということあり状況確認する上で調査での不具合がどのような内容になったのかブログにて説明したいと思います。

検 査 内 容

↑ RC造のガレージ(車庫)の躯体の状況確認を行いました。塗装の劣化がすでに始まっており、躯体中央部に表面のひび割れが発しておりました。新築でよくある熱膨張によるひび割れが時々物件に
より引き起こしますので、表面のひび割れのあるうちに対処することをお薦めいたします。躯体の変形や剥離などになりますとシャッターなどの開閉に将来不具合を起こしますので注意が必要です。

↑ 木造での唯一のコンクリート躯体部分になる基礎の目視範囲内にての状況確認を行いました。ひび割れや剥離などの有無をチェックします。又、床下換気口が適切に設けられているのか?
確認も行いました。

↑ 窓廻りのコーキングの劣化の有無を確認いたしました。コーキングも築5以上になりますと硬化が始まり細かいヒビ割れが起き始めてきます。定期的なメンテナンスを行う時期を計画していきましょう

↑ 外壁材に赤錆が発生しているのを確認いたしました。原因として考えられるのが表札や郵便ポストを設置跡の可能性が高いと思います。外壁材に穴が空いておりますのでできれば、コーキング等で
穴を埋める処理することをお薦めいたします。

↑ 診断時に電気や水道の一時開栓を行っている場合、設備機器の動作確認も行います。天井点検口のある場合、そこから目視範囲内にて確認できる箇所を確認いたします。換気扇の動作確認は問題なくても
ダクトの外れなども中にはあります。

↑ 建物の水平・垂直の確認を行います。建物の傾きを各階確認を行い、その数値の中でひどい箇所を記載いたします。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる