住宅診断(ホームインスペクション)in 今帰仁村

 築45年 RCB造 2階建て店舗兼住宅

今回の依頼はインターネットからの問い合わせ対応させて頂きました。沖縄で「沖縄 住宅診断」というワードで検索頂けますと当社が出てきますので、診断業務を依頼したい場合検索して頂くと
沖縄県内であれば対応できますので、よろしくお願いします。さて今回は沖縄北部でも今帰仁村に行って診断業務を行って参りました。
今回も簡潔ではありますが、状況説明したいと思います。診断する前にお客様には建物の平面図・築年月日がわかる資料(建物登記簿謄本)・一時的な電気、水道の開栓、通電をお願いしております。

診 断 状 況

↑ 1階天井裏を確認しているところです。コンクリートの剥離が多く鉄筋のサビによる腐食でコンクリートが剥がれて落ちております。また一部石灰が出てつらら状のもあり建物として危険な状態に
なっているのを確認いたしました。

↑ 天井裏を確認したところコンクリートの欠けが無数に落ちているのを確認いたしました。補修を行うとなると天井材は全て撤去した上で補修工事を行うこととなります。
外部のひび割れや防水塗装などで定期的なメンテナンスは行わなければ建物の躯体の劣化を遅らせることができなくなります。また雨漏りがおきた場合は要注意です。

↑ 2階天井裏を確認いたしました。内部では雨漏りも確認し、木天井下地を見ると白アリの被害にあっているのを確認いたしました。

↑ 2階天井裏は部分的に水が浸透して濡れているのを確認いたしました。屋上防水を施している状態でしたが防水施工ができていないために診断した際にも雨漏りをしている状態でした。
電気配線等もあるので漏電の危険性がありました。

↑ 内部躯体柱から石灰が出ているのを確認いたしました。この状態は外部からの雨水の侵入によりコンクリート躯体に水が侵入しコンクリート成分を外部に流れてきた証拠になります。
躯体の状況から見て、大規模な修繕工事が必要な物件でした。

↑ 屋上へあがる鉄骨階段がありましたが、鉄骨も塩害によるサビの腐食で強度が低下して危険な状態でしたので、登ることができませんでした。

※後日、依頼者には建物の状況を報告書にまとめて内容を説明いたしました。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる