リノプラRenovation Plus インテリアスタイル 特集

私色の『スタイルのある家』のつくり方について

インテリア選定する上で必要なのは、沢山ある素材の種類の中からテーマを決めることが第一優先ですので

選定する上での幾つかのポイント紹介したいと思います。

1.『 自然素材 』

 

「その場所でどんなふうに過ごしたいのか」 「その場所にどんな素材が適しているのか」

「長い時間その空間で過ごすなら自然素材を選んだり」「キッチン・水廻りはメンテナンスしやすさ」

などを想定した上で素材を選んでいただくのですが、又、木材・しっくい・タイル

いっても様々な種類、色合いやさわり心地、硬さなどが違います。

↑↑↑無垢フローリング材

↑↑↑左官材

↑↑↑石(床タイル)

2.『 トレンド感のあるラフな素材 』

■モルタル塗り・土間コンクリート仕上

玄関だけではなくLDKに採用する人も増えてきています。硬い質感やシックな色みが空間のアクセントに。

キズや汚れを気にせずに使用される方へオススメ素材です。

■古材、足場板

長い年月を経てついた汚れやキズが味わいをかもし出す古材。古い民家で使われていた木材や

建築現場で使われていた足場板など、中古市場で流通していますのでネットでも購入が可能。

但し、数が少ないため大量に購入できないので、使用する場所の選定を決めておかないと

利用するにあたって検討する必要があります。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる