リフォームプランで検討すべきポイントの紹介

リフォームでのプランお悩み解決ポイント

よくリフォーム・リノベーションの問い合わせの中で、イメージが沸かずモワッとした感じで話されるお客様が

中にいらっしゃいますが、リノプラでは、そんなお客様にご提案型ポイントを紹介したいと思います。

Point 1. 家事のしやすさ動線を考慮する。

家事の段取りや、起床から就寝までの動線など、家族の行動パターンを間取りに反映させ、無駄な動線を減らす

プランをご提案しております。また暮らしやすさにも差がでてきます。

※ 具体的例として。。。打合せにてLDK近くの家事スペースを設けたいことを要望したり
LDK近くに主寝室や水廻りを設けたい要望をリフォーム会社にお願いすることで無理のないプランづくりに
反映されます。

Point 2. 心地よさを重視する。

内装の暖かさや明るさ、広さなどで変わる『 心地よさ 』日当たりや風通し、家具の配置も考えながら家族が過ごす

『 居場所 』を条件の場所にプラン計画をされるとGood!

※ 具体的例として。。。打合せにて立地条件・リフォームする物件の平面図を用いて
日当たり、風通しのよい場所に家族が集まる空間を設けたい要望をリフォーム会社にお願いすること。
リフォームのかっこよさ、お洒落度ばかり気になっているとせっかくのリフォームが台無しになるので要注意。

Point 3. コミニュケーションを考える。

家族の気配を感じたい、プライベート空間が欲しい、頻繁にゲストを呼びたいなど。人との理想の関係性を

基準にオープン。クローズドの加減を決めてほしいです。

提案1. 『 オープンな間取り 』

説明文:間仕切りを減らし、空間に連続性を持たせる間取り、家族の動線がわかりやすくコミニュケーションが
とりやすいし、お客様がいらっしゃった馬合はオープンスタイルで楽しめる間取りになります。
但し、間仕切りがない分、空調の管理が難しいのでクーラーの設置箇所の検討が必要です。

提案2. 『 ゲスト用スペース 』

お客様が頻繁に多いご家庭に向いているプランになります。普段は使わないゲスト用の玄関を作ったり、玄関部分を広めに
造り、収納スペースを大きく確保することで、来客時も慌てることなく対応できるプランになります。
但し、リフォームするレイアウトにより1つ余分に部屋を設けないといけないので、リフォームするプランにより
十分なスペースを確保しなければならないのがポイントとなります。

Point 4. 将来の可能性を意識する

お客様のライフスタイルに応じて、子供の成長や親との同居など、将来の暮らしに合わせて変えることができる
間取りをリフォームに取り入れること。

※ 具体的例として。。。打合せにて子ども部屋を8畳くらいにスペース確保して将来用として間仕切り壁を設置できるよう
計画したり、可動式間仕切り壁を設置する要望をリフォーム会社にお願いすることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる