新築・リフォームする上でのキッチンの動線のポイント

キッチン内の動線

キッチンの家事動線はできるだけ時短を優先させる流れを意識してのプランニングとなります。
そこで是非参考にしてほしいのが下図に示す。ワークトライアングルの家事動線の適する距離を参考にしてください。

代表的なキッチンの4つのレイアウトの紹介

■ I型キッチン

文字どおり長い横長のキッチンのことを言います。よくアパートや一般戸建て住宅では利用されているスタンダードなキッチン
メリットとしては、直線なのでコンパクトにまとめることができます。レイアウトも自由にできるのでプランする上で
自由度が高いキッチンです。(例:対面式キッチン・アイランドキッチン)

■ L型キッチン

文字どおりL型になっているキッチンのことを言います。コンロとシンクの規格品の長さとしてありますので
コンパクトなキッチンを希望されるのであれば、お勧めいたします。
メリットとしては、作業動線が短いので使いやすいです。但しコーナー部がデットスペースとなりやすいがレシピスタンドを
置いたりと今どきの使い方の工夫次第では使い勝手もGood!

■ U型キッチン

文字どおりU型になっているキッチンのことを言います。コンロとシンク、冷蔵庫の配置がキッチン内に納まっており
作業スペースにゆとりを持たせたキッチンレイアウトになります。
但し、キッチンレイアウトには広めのスペースを必要とするため大きな家にお勧めです。

■ Ⅱ型キッチン

シンクとコンロが2列になっているキッチンのことを言います。動線が比較的短いのでキッチン作業がしやすい収納スペースも
充実したキッチンレイアウトです。

キッチンレイアウトについてのまとめ

家事時短を優先に考えてまた、土地の大きさ、生活動線との調和をうまく取り入れることでどのキッチンレイアウトが自分に
合っているか一度プランを依頼するタイミングで設計士に相談してみましょう。
リノプラでは、プランはじめキッチンのインテリアプランも作成しておりますので、ご相談お待ちしております。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる