住宅診断(ホームインスペクション)in 沖縄市

RC造 2階建て戸建て住宅 築5年

今回は個人のお客様より住宅診断(ホームインスペクション)の問い合わせがありました。住宅診断を実施して参りましたので
その内容をご紹介したいと思います。
築5年の物件でカビの発生の原因が起きるのでその原因を調査する上で住宅診断の問い合わせがありました。
住宅診断では基本、外部・内部の躯体から内装材・設備機器類について不具合を外観検査を行うことができます。

外 部 検 査

↑ 外壁のチェックを行っているところです。今回の物件ではヒビ割れ、コンクリートの剥がれなどはないのですが
チョーキングという塗装の劣化を示すサインがでてきておりました。塗装の劣化スピードは築5年をピークに段々白い粉が
多く出てきますので、塗装の塗り替え時期など予算も含め修繕対策をしましょう。

↑ 窓廻りのコーキングの劣化状況を確認しております。コーキングも劣化するサインとしてはコーキング自体を手で軽く
押して見て弾力性があるのなら問題ないのですが、手で押しても硬くなっているのが確認とれますと劣化が始まっている
サインとして判断頂けます。今回は、硬化し始めてきているので外壁の塗装塗り替え時期に合わして修繕計画対策しましょう。

↑ 外部の軒裏や庇、バルコニーなど確認を行いました。今回は塗装の劣化サインの確認以外は特に問題なかったので
外壁塗装。窓まわりのコーキングの修繕費用が金額面においても大きいので将来、修繕して建物自体を末永く持続させましょう。

内 部 検 査

↑ 天井裏の確認を行っているところです。チェック内容としては雨漏りの跡がないか?
配管類の水漏れがないか?内部躯体のヒビ割れ、コンクリートの剥がれがないか確認を行います。
なので検査する場合、天井点検口がないと検査できませんので検査前には、事前に確認を行っております。

↑ 設備関係のチェックを行います。水道・電気設備、換気扇の動作確認を行うことにより建物に対し不具合がないか確認する
ことができます。築10年位内の場合、施工業者による瑕疵保険がありますので瑕疵に該当する場合においては、施工業者の方で
対応しますので、住宅診断で不具合のあった箇所については住宅診断結果報告書を作成の上、ご説明いたします。

↑ 建物水平垂直の傾きの確認を行っているところです。レーザー測定器を用いて測定しますので
なるべくスペースのある部屋(和室除く)を選定し作業を行います。

↑ 内壁に凹みがあるのを確認いたしました。診断では細かいところまでチェックいたします。また壁の凹みなどがあると
そこから凹みキズが広がっていきますので修繕対策をオススメいたします。

↑ 今回の依頼調査となった内壁に発生したカビの問題です。今回は外壁などヒビ割れによる外部からの雨水の侵入でカビの発生
が考えられたのですが、調査していくうちにお住まいはクーラーをずっと稼働していて尚且、外部の日当たりのいい場所で
結露が発生しやすい状況でした。またごく最近から取り入れている24時間自然換気システムの開閉がずっと閉められている状態
でしたので、自然とカビの発生しやすい環境づくりを作ってしまっていたのです。
今回の調査では、不具合の箇所などもその場でご説明申し上げますのでお住まいのご相談なら当社へご連絡くださいませ

↑ 内壁のヒビ割れ(ボード)によるビニルクロスの切れを確認しているところです。
下地の取付状況が悪かったために起きた不具合箇所です。ボードをしっかり固定しビニルクロスの張替えなどの修繕を
オススメいたします。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる