2020年 沖縄県 旧耐震建築物 塩分分析業務受付来月(10月予定)開始!

旧耐震建築物(昭和56年6月以前に建てられた建築物) 塩分分析業務受付来月(10月予定)開始!

建物の老朽化判定を行う事業になりますが、去年の令和元年より沖縄県の助成金 ¥3,300円(税込)にて対象建築物の調査依頼ができるようになりました。

受付窓口が下図のパンフレットにも記載されておりますが、沖縄県建築設計サポートセンターにて受付中なので建物の劣化状況を知りたい、建物の構造的に不安がある、建て替えの検討材料として

検討したいという方にお勧めな依頼調査内容となっております。

また助成金を使用するにあたり条件等がございます。

添付資料として塩分分析調査のパンフレットをご覧ください。

当社では、沖縄県建築設計サポートセンターより業務を請けて対応しておりますので、何かご相談等あればご連絡ください。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる