家事時短のできるキッチンのつくり方

キッチンのタイプ別による理想の家事動線

キッチンには様々なタイプのキッチンがあるのをご存じでしょうか?I型、Ⅱ型、Ⅼ型、U型キッチンの4種類があります。その中で一番主流とされているのがI型キッチンⅡ型キッチンとなります。
今回は、その中でキッチンの使い方を赤い動線で示してみましたので参考にご覧ください。
ワークトライアングルと言われる食材の調達・調理・料理片付け動線ができているのかチェックポイントとなります。
キッチン使い方の動線ができることによりより快適なプランづくりになっていくので新築やリフォームする際にはキッチンの使い方も確認することをお薦めいたします。

キッチンの種類と特徴について

I型 キッチン

壁付や対面式にしたりレイアウトが選択可能なスタンダードキッチンになります。低価なものから高価のグレードがあり使用頻度が高いキッチンになります。収納面の組み合わせにより使用頻度が高まるタイプ、
又、対面式にも対応できるキッチンとなっておりコミニュケーションを高めたいお客様にはお薦めのキッチンタイプになります。
ワークトライアングルもバランスのとれた家事動線になっているのがわかりますね。

Ⅱ型 キッチン

コンロ側とシンク側に分かれるタイプのキッチンになります。料理支度、片付けする作業スペースができ移動距離が少ないため家事がはかどりやすいキッチンタイプになります。
ワークトライアングルもI型キッチンと同様にバランスのとれた家事動線となっております。
他のメリットとして、キッチンとシンクが別々に分かれて対面式にもなるのでコミニュケーションがとりやすいキッチンタイプとなっております。

コの字型 キッチン

キッチンのゆとりスペースがある方にお勧めするキッチンタイプになります。LDKと一体となりにくいので、キッチン専用の部屋として利用をお薦めいたします。又、このタイプはキッチンワークスペースが
十分に活かせます。収納力、家事力UPすること間違いないでしょう、しかし専用部屋を必要とするためコストは割高になってしまいますのでキッチンレイアウトする前にまず、生活する上でどのキッチンスタイルが
自分たちの生活スタイルにあっているか検討しましょう。

L型 キッチン

間取りにおいてもI型キッチン、Ⅱ型キッチン、U型キッチンに比べキッチンスペースがコンパクトにレイアウトできるタイプのキッチンとなっております。又、配置よって壁式や対面式にも対応できるので
キッチンスペースにゆとりがない間取りにはお薦めするキッチンとなります。家事動線においてもきれいなワークトライアングルができているのも確認しながら検討するのもいいでしょう。

■キッチンの種類について説明いたしましたが、理想の家事動線とマイホームにおいてどのタイプが妥当なのかご検討頂くことを当社では設計担当者やインテリア担当者が適切なアドバイス等を行っております。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる