住宅のローン減税をうまく利用してリフォーム費用負担軽減活用しよう

住宅ローン減税の『すまい給付金』をうまく利用しよう!!

■ 最近は、中古住宅を購入、若しくは、親世帯と同居型の二世帯住宅リフォームが主流となってきておりますが

フルリノベーション、水廻りリフォームを行う方々が増えてきている中、どうしても多額な費用がかかってしまうのが

頭の悩みどころです。今回、リノプラRenovation Plusのファイナンシャルプランナーから良きアドバイスをいたします。

2014年4月、消費税8%に引き上げられてから負担増を軽減するため住宅ローン減税の控除額が大幅に拡充されました。

条件としては・・・・・・

返済期間が10年以上の住宅ローンをご利用

床面積50㎡以上などの条件を満たすこと

この2つのポイントがフルリノベーション・リフォーム工事の費用が

一般住宅で10年間の控除額は最大400万円、借入額の少ない人には『すまい給付金』制度

を利用して申請は、税務署にて書類を提出いたします。

ちなみに総合建設業リノプラRenovation Plusは申請書類を当社でリフォームを行ったお客様に対して無料にて

申請書類を作成しておりますので、リフォームされる際には一声おかけください。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる