住宅診断(ホームインスペクション)in 宜野湾市

   新築 2階建て木造住宅 

今回の住宅診断は最近増えてきている木造住宅を住宅診断を行いました。それも新築戸建て住宅です。検査依頼につきましては不動産屋さんから直接依頼がありましたので対応いたしましたので
簡潔に業務内容を説明したいと思います。新築でもこういう箇所を確認すると意外と指摘があるかもっていうのもありましたので参考にしてみてはどうでしょうか?

新築戸建て住宅でも指摘事項はありますので、住宅診断(ホームインスペクション)を導入することで引き渡し前までにチェック・是正することが可能です。

外 部 検 査

↑ 開口部廻りのコーキングの納まりを確認しております。たまーにコーキングを打ち込まれていない物件もありましたので開口部廻りはチェック対象です。また新築なので外壁材のサイディング壁に
ついてのヒビや欠けなどはありませんでした。

↑ 外部につきましては、基礎の鉄筋の非破壊探傷試験もありますが、基礎と水切り金物の間の処理も確認をしております。一部の現場では換気口ガラリがモルタル等で塞がれて湿気がたまりカビの発生
により内部の建材がカビだらけになり裁判になったケースもあります。そうならないよう当社でも事前にチェックしております。
今回は、水切り金物と基礎の天端の間の隙間が大きく空いており基本。施工上は納まりが悪い状態です。多少の隙間でも、害獣や害虫が外部から侵入されやすいので隙間はなるべくなくすことを前提に
説明をさせて頂いております。

↑ 木部の土台が水切り金物と基礎の天端が見え隠れしております。こちらも施工不良によるものです。綺麗な納まりとしては水切り金物のガラリと基礎コンクリート立ち上がり部の隙間が無い状態が

一番望ましい納まりです。↓ 下図のほうをご覧ください。これが正常な納まりとなっております。

内 部 検 査

↑ 内部検査におきましては、機械換気設備の動作確認を行い、ダクトの外れがないか確認を行います。

↑ 天井点検口があれば目視で見える範囲内で不具合箇所を確認いたしました。

↑ 木造の場合、屋根裏がありそこの木部の金物の固定状況や雨漏り、断熱材の敷き込みの状況を確認いたしました。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる