住宅診断(ホームインスペクション)in 宜野湾市

築32年 RCB造 2階戸建て住宅

今回は中古住宅売買による不動産業者より住宅診断業務依頼がありましたので、対応いたしました。宅建業法も2年前から重要事項説明において住宅診断を利用されるケースが多い中、当社ではよくご利用
頂いている不動業者様の中古住宅の診断内容を簡潔ではありますがご説明したいと思います。

検 査 内 容( 省 略 )

↑ 天井に雨漏り跡を確認いたしました。原因としてはのちほど、屋根の部位にて説明しようと思います。

↑ 天井に雨漏り跡を確認いたしました。原因としてはのちほど、屋根の部位にて説明しようと思います。

↑ 防水施工方法で既存の状態がシート防水で施工されているのを確認いたしましたが、経年劣化により剥がれているのを確認いたしました。この状態が天井の雨漏りに繋がっております。この箇所は
ちょうど天井材の雨漏り跡の上部エリアになりますので、今後は防水塗装の塗り替えを推奨いたします。

↑ 屋上防水塗装、ウレタン防水で施工されておりましたが、経年劣化により塗膜が剥がれているのを確認いたしました。ほぼ防水効果がない状態ですので、修繕計画の上で補修することをお薦めいたします

↑ コンクリート梁と言われる構造体に0.3mm幅のひび割れを確認いたしました。指摘事項として0.5mm以上がアウトになりますが、予備軍としてのひび割れになります。
今後の修繕計画の上で報告書にて説明を行いました。

↑ 換気扇の吸気動作確認を行っている状況です。動作不良を確認いたしましたので。換気扇の取替えをお薦めいたします。

↑ 水栓器具や給水管、排水管からの水漏れがないかを確認していたしました。写真では水栓器具からの水漏れを確認いたしました。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる