住宅リフォーム工事 in 糸満市

内部下地張り作業完了~

解体工事も完了し、工事も内装工事へ取り掛かる準備するために内壁材の仕様変更する箇所は、ビニルクロスの剥がしや下地張りの張替え作業を行う準備を今回、紹介したいと思います。
特に吹き抜け部は、内部足場の組み立て作業が今後の予定に組み込まれており、着々と内装工事の下地張りの作業が進んております。

↑ 照明器具取替え作業もあり下地材を張り終える前に配線などをあらかじめ用意しておきます。また仕上げの種類によっては納めの寸法等を現場と打ち合わせを行い現場作業の後戻りがない形で進行して
おります。

↑ 下地張りの現場作業が終わるのを見計らって施主と仕上げのカタログやサンプルなどを見ながら内装材の決定をします。

↑ 天井材の一部の開口部はキッチンのダクト接続作業を残し作業進めております。

↑ 和室の畳も新調で9月ごろに搬入予定のため、既存の畳は撤去しております。

↑ ホールと洋室の間仕切り壁を撤去し可動間仕切り壁を設置する計画です。当社では細かく図面作図を行い施主と同意を得てリフォーム工事を行い現場内での相違がない形で作業を進めております。
次回は、内装材を決めていく上でのポイントを紹介したいと思います。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる