新 サービス開始!!その名は「サーモグラフィー建物診断」!!

サーモグラフィー建物診断とは?

建物の外壁のタイルの浮きや躯体の浮きなど、内部であれば雨水の侵入による雨漏り箇所を赤外線カメラで照射して不具合箇所を画像で判定
し特定箇所を診断して今後のメンテナンスを早い段階で建物の修繕を検討していくための診断業務です。
沖縄県内では公共建物・マンションなどが多く採用されておりますが、当社では戸建て住宅でも対応できるようになりました。

サーモグラフィーカメラで建物内部を照射!

↑ 雨漏りがするということで窓廻りを調査いたしました。赤いところは熱があるところです。水色が雨水が浸透して内壁面に浸透しているのが
今回の調査でわかりました。原因としてはコーキングの劣化による外部からの雨水の侵入で雨漏りしている結果となりました。

↑ 実際の写真も同時に撮影できるので、上の写真と比べると窓下の壁ビニルクロスに雨シミ跡が写っているのがわかりますよね?

クーラーの漏水検査

このケースは室内に水が溜まるということでのご相談でまずは、空調機(クーラー)の状態を調べることとなり調査を行いました。
サーモグラフィーでよく見るとクーラーと室内の温度の差が大きく、クーラーで冷やされた冷たい空気が室内で結露を起こしやすい環境となって
おります。なのでクーラーの廻りは結構冷えておりますが室内との温度差で結露が起きて水漏れのような現象が起きているという結果になりました。

↑ 赤いところは、温度が暑いと示されているところです。また水色は温度が低く結露が発生している場所を示しております。

↑ 見えた目では、どこが原因なのかが判定しにくいです。

当社では住宅診断(ホームインスペクション)や建物簡易診断業務を行っておりますが、このサーモグラフィー建物診断もオプション料金追加で
サービス対応可能となっております。中古物件で雨漏りがあって原因が不明な物件などに最適な診断サービスとなっておりますので
ご気軽に問い合わせの方、お待ちしております。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる