住宅診断(ホームインスペクション)in 那覇市

築36年 RCB造 2階戸建住宅

那覇市にて中古住宅の売買におけるホームインスペクションの実施を行いました。調査を行う前に当社ではコロナ感染予防対策を行い、売主側、不動産業者側、買主側にはご協力を得て対応して
おります。また調査時間なども前もってスケジュール調整を行います。検査するスタッフは、既存住宅状況調査技術者の資格を取得し既存住宅の調査業務を行っております。

検 査 状 況

↑ 窓廻りのコーキングの劣化により躯体との隙間が発生しております。場所によってはひび割れが起き雨水の浸入箇所もありました。

↑ 給水管のジョイント部の錆による腐食を確認。将来水漏れが起きる場所になりますので、配管の取替えを検討することをお薦めいたします。

↑ 外壁タイル面は打診棒にて浮きの確認、又、タイル下地面より石灰(エフロエッセンス)が噴出しておりコンクリート下地面からの劣化も確認いたしました。

↑ 天井面に雨漏り跡を確認いたしました。屋上スラブ面のコンクリート仕上が経年劣化によりひび割れが起き始めているので、今後の定期的なメンテナンスとして防水塗装を施すことを推奨。

↑ 窓廻り壁面に雨漏り跡を確認いたしました。窓廻りのコーキングの劣化が原因で外部からの雨水の浸入跡になります。外壁塗装時にコーキング補修することを推奨。

↑ 換気不足による押入内部のカビの発生を確認。カビが定着してしまうと木下地から腐食してしまう恐れがありますので取替えや換気対策することを推奨いたします。

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる