住宅診断(ホームインスペクション)in 今帰仁村

築50年以上 木造 平屋建て

今回は、沖縄県本島北部にある今帰仁村の古民家の住宅診断の依頼がありましたので、調査内容の一部を紹介したいと思います。

築年数が古く昔ながらの沖縄の木造の造りになりますと、老朽化による主要構造部の柱・梁・屋根の劣化状態がどこまで老朽化しているのかが調査に基づき購入するか判断資料にもなります。

また今回の調査で確認できなかったのが、電気・水道の一時的な開栓・通電の確認ができませんでした。

検 査 内 容

↑ 水廻りの天井材に湿気によるカビが発生しているのを確認いたしました。内部は雨漏りや吹込みなどはありませんでした。原因として考えられるのが屋根からの雨漏りが考えられます。
一度内装材に水漏れを引き起こすと天井材の剥がれを引き起こす前に、湿気によるカビの発生や木部が腐食し始めます。今の状態がこの段階の劣化状態を示しております。

↑ 屋根裏、小屋組みの内部を天井点検口から目視範囲内にて確認を行いました。主要構造部の梁に蟻害跡の確認をいたしました。老朽化もありますが建物の白蟻の被害にあっている状態でもありますので
一度、白蟻業者に点検することをお薦めいたしました。

↑ 天井材の剥がれを確認いたしました。瓦屋根からの雨漏りが原因で天井材の剥がれを引き起こしております。

↑ 内部の天井と内壁との取り合い部に蟻害跡を確認いたしました。白蟻は床から壁に伝わり天井へと浸食していきます。状況からみて建物全体に白蟻の被害が見受けられますので
一度、白蟻業者にて調査することをお薦めいたします。

↑ 外部から屋根の母屋の状況確認を行いました。建物の経年劣化や白蟻の被害跡の確認をいたしました。木材をそのまま使用するのは木造としての耐久性が低下しておりますので修繕・補修・取替などの
メンテナンスが必要な物件でした。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる