住宅診断(ホームインスペクション)in 那覇市

築7年 RC造2階戸建て住宅 

今回の物件も不動産からの業務依頼で中古住宅の売買における現況の状態を確認するための住宅診断(ホームインスペクション)の業務依頼がありましたので、簡易的ではありますが報告したいと思います。
建物の状況確認のため、電気・水道の一時的な開栓手続きをお願いをしてのスケジュールを組んでの住宅診断となりました。
今回は中古住宅 築7年ということもあり、外観の目視検査ではほぼひび割れは確認できませんでした。但し、外壁塗装の劣化が初期段階入っておりましたので外壁塗装の劣化防止対策を検討されたほうが
いいと思います。あと今回は屋上の防水塗装も塗り厚が足りないためコンクリート素地が見えているのがわかりました。

検 査 状 況

↑ 換気扇の動作確認や吸気能力の確認を行っております。今回は特に指摘のあるようなコメントはありませんでした。

↑ 天井点検口があると1階、2階とも天井裏の確認ができます。シロアリの被害にあっていないか?水漏れや雨漏りなどがないか確認を行います。


↑ 屋上の防水塗装の均等な塗り厚の確認ができませんでした。またウレタン塗装はトップコート仕上をしないとすぐに劣化してしまうので、防水塗装につきましては再度塗装することをアドバイス
いたしました。

↑ 床下ものぞける範囲を基準にチェックしていきます。今回は指摘事項等はありませんでした。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる