住宅診断(ホームインスペクション)in 南城市

築11  年 RC 平屋戸建て住宅

今回は不動産業者より売買における住宅診断依頼がありましたので、簡潔に報告したいと思います。
令和2年4月より建物取引における売り主の瑕疵における負担が大きくなる中で、住宅診断を取り入れて問題有りか無しかをする上で対応いたしました。また住宅診断では、第三者からの目線で診断を行います。その中で当社では鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造の棟数を経験し的確なアドバイスを行います。参考に今回の診断をご覧いただき、業務依頼等につきましては電話かメールにて対応しておりますのでご連絡お待ちしております。

↑ 外壁の塗装の劣化状況を確認しております。沖縄の紫外線は本土に比べて非常に強く塗装の劣化も6年くらいから始まると言われております。

↑ 開口部廻りのコーキングにひび割れが起きているのを確認いたしました。外壁塗装と周期は一緒で塗装塗り替え時に補修することをお薦めして
おります。

↑ 屋上防水の劣化状況を確認いたしました。波をうっているのは、防水塗装の塗膜ではなく塗装した薄い層のムラです。躯体面をしっかり保護
するのでしたら立ち上げ面まで防水塗装(塗膜)塗り替えをすることをお薦めいたします。

↑ 住宅診断では給排水設備の状況の確認も行っております。水漏れや機器類の動作確認を行い報告書にて内容説明しております。

↑ 換気扇の動作確認を行っております。スイッチは入るけど換気の機能を充分に満たしていないのも指摘事項に入ります。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる