住宅診断(ホームインスペクション)in 豊見城市

木造 2階建て戸建て住宅 新築

今回はハウスメーカーの木造戸建て住宅を住宅診断(ホームインスペクション)業務を行ってきました。
当社では、新築・中古関係なく住宅診断いたしますので、事前に不具合箇所の確認、検査報告書にて内容をご説明いたしますので
新築時に住宅診断導入をお勧めいたします。目に見えない箇所など販売不動産の方にも是非、お勧めしたいサービスです。

外 部 検 査

↑ 基礎と床下換気口との取り合い部の納まり状況を確認しております。水切金物の裏には、グリル状になった換気口が
あり床下の湿気防止対策のため設けられた工法です。たまに不具合としてモルタルやコーキング等により塞がれて自然換気が
できず床下に湿気がたまりカビの発生にも繋がるケースもありますので、当社では全面確認を行っております。

↑ バルコニー部も水切り部分には隙間があり自然換気できる工法となっております。コーキング等により
換気口が塞がれていないか確認を行っているところです。

↑基礎の立ち上がり部の鉄筋の適切に配筋されているか確認を行っております。非破壊検査でセンサー探知による
鉄筋の位置を確認しているところです。赤くランプが点灯しているのは、ここに鉄筋がある証拠を示しております。

内 部 検 査

↑ 床下点検口がある場合、そこから確認できる範囲を調査し不具合箇所を確認しております。
不具合とは、床下配管・給水管の水漏れがないか?基礎などのヒビ割れがないか?
床下の支持金物の適切な配置の確認、木下地の劣化・破損、床下断熱材の適切な取付、シロアリなどの被害にあってないか?
以上の項目を確認しております。

↑ 水平・垂直レーザー測定器で建物の傾斜の確認を行っております。必ず2ポイント測定し傾斜しているか測定数値で
確認を行っております。

↑ 天井点検口がある場合、屋根裏に潜って木下地組の状況確認を行っております。金物の適切な固定方法や
屋根から雨水の侵入がないか?断熱材の適切な配置など確認を行っております。

↑ 給水設備につきましては、検査時には水道の開栓依頼をお願いしております。水を流すことにより赤錆が出てないか?
水漏れがないか確認を行っております。検査箇所は、トイレ、洗面化粧台、浴室、キッチンになります。

↑ 電気設備につきましては、照明器具の点灯チェック、換気扇の動作の確認を行いますので、電気の一時的に通電をお願い
しております。
確認箇所は、換気設備につきましては、キッチン換気扇、洗面室、浴室、便所になります。
電気設備につきましては、全ての照明器具の動作確認、コンセント、クーラーのコンセントの正常の有無を確認しております。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる