コンクリート爆裂補修現場 in 那覇市 M邸

外壁クラック及びコンクリート爆裂補修の改修工事を行いました

住宅診断からの問い合わせで、外壁のヒビ割れやコンクリート爆裂(コンクリートの剥がれ)が建物の柱や梁、外壁等に
指摘の多い項目でお客様に報告書を基に、建物でいう主要構造部(屋根・柱・大梁・壁・床・基礎)をメインに修繕内容を
お伝えし、今回はその指摘のあった外部改修工事を紹介したいと思います。

改 修 前

工 事 中

↑ 施工中は、コンクリートが浮いた部分は全て取り除いた上で、錆びた鉄筋がでているを確認できますね。
その後は、錆た鉄筋は除去し、新規で鉄筋を補強してコンクリートで埋める前にもう一度錆び止め塗料で保護し
型枠をはめ込んでコンクリートを流し込めば終了です。

↑ コンクリートを流し込んだ状態です。表面をモルタルで補修し綺麗に下地処理を行い、最後は塗装仕上で終了です。

屋上の防水塗料の劣化補修作業 施工前

↑ 住宅診断にて屋上の防水塗料の劣化を確認したところです。少しの傷から雨水が浸入し防水塗料の中で水が蒸発して
水ぶくれの現象が起きて防水塗料の不具合が起きております。

↑ 不具合のあった防水塗料を剥がして下地を乾かしているところです。

↑ 下地面をモルタル補修後に再度、防水塗装仕上で補修完了いたしました。

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる