住宅リフォーム工事中 in 糸満市

アルミサッシ建付け工事作業

今回のリフォーム工事中の物件にて窓廻りの開口部の大きさを変更し新たにアルミサッシを建付け工事を行いガラス取付まで行いましたので簡潔ではありますが作業状況の説明を行います
コンセプトは、「海が見える家」!!リフォーム提案時に、お客様よりリクエストがあったのでプランを作成しながら自然採光を多く取り入れ部屋内部を明るい雰囲気づくりを提案図に盛り込みました。
当初はバルコニーに出てからの海を眺める提案をいたしましたが、話し合いをしていく上でリビングから座っても海が見える心が落ち着く空間づくりに仕上げていく工事内容となりました。

↑ 工事前の状況です。手摺壁もありバルコニーも広めの空間となっております。

↑ 設計当初は、元々スチール手摺で設計されているのがわかったので、後から施工したブロック壁を撤去し躯体の左官補修を行っているところです。

↑ 次にアルミサッシ開口部を広げるため解体作業を行っている状況です。

↑ 躯体壁を少し広げるためハツリ工事を行っているところです。主要構造部の柱や梁などは壊さず構造に影響のない最小限での開口部を広げております。

↑ 新設アルミサッシを取り付けた状態です。躯体との隙間はモルタル埋め処理を行い外部からの雨水侵入を防ぐ処理まで行います。

↑ 新設アルミサッシ設置工事完了!外部の躯体手摺壁も塗装完了いたしました。次回は外部の転落防止手摺設置を行います。また外部タイル工事、引き続き内装工事を行って参りますので仕上がりが
楽しみです。作業にとりかかったスタッフお疲れ様でした。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる