新提案 クロスメイク!!

壁ビニルクロスの上から専用塗料でインテリアをコーディネート

既存のビニルクロスの状態(剥がれ・破損を除く)でお部屋のイメージを簡単にリメイクできる商品をご案内したいと思います。
沖縄では、認知度はまだ低いとは思いますがリノプラでは、最先端の工法を多く取り入れお客様にご提案・満足度を提供しております。クロスメイクの問い合わせにつきましては、電話かメール等にて受付しております。

クロスメイクとは?

クロスメイクは壁紙クロスのお化粧のような工法で、まず下地補修を行ってから専用の(カーラーコート剤)を専用刷毛で均一に素早く塗装する工法です6畳の部屋ですと作業時間は約1時間で完成いたします。

この工法では一般塗装と違い、塗膜がとても薄いため壁紙クロスの凸凹模様がそのまま残り今までにない自然な美しい仕上がりとなり、新しいクロスかと錯覚をおこすほどのクオリティーの高さです
-塗料につきましてはサンプルを提示いたします。その中から色を選んで頂きます。

また、クロスそのものの保護にもなり、ちょうど車のワックスのようなものと認識して頂ければ分かりやすいと思います。ただ車のワックスのようにすぐ取れてしまうものではなく、クロス表面に染み込むので、(クロスの裏側までは浸透しません。)クロスの寿命と同じ位の耐久性を持ち合わせています。

しかも、下地(クロス)の裏側には浸透せず下地に悪影響を及ぼさず、通常の壁紙クロス張替えと変わらない美しさであり「早い」・「安い」・「きれい」・「環境に優しい」という4要素を持ち合わせ、同業他社とは一線を画すオリジナリティーな新工法です。

クロスメイクでできること!!

 

hp2013-10-29-01.jpg hp2013-10-29-02.jpg

施工前

既設ビニルクロスの状態で物をぶつけて穴を作ってしまった直径2cmほどのキズです。本来ならクロスの張替えをしておりますが、クロスメイクでは多少のキズでも修復ができます。

 

 

施工中

まず、剥がれたキズにパテを入れ、壁紙と同じ高さにパテを調整します。クロスのキズにつきましては現場で一度確認した上で作業いたしますのでご了解ください。

hp2013-10-29-03.jpg hp2013-10-29-04.jpg

施工中

壁紙と同じ柄のはんこを制作して、パテが固まる前に柄をつけます。

 

 

 

 

施工後

若干壁紙とパテの色が違うので写真中心部の補修部分がわかりますが、この後クロスメイクで染色しますので、ほぼわからなくなります。

※このように、壁紙にキズや穴があっても心配無用です。右の写真から説明すると、剥がれた部分にパテを入れ、
クロスと同じ柄のハンコ見たいなものを製作し、パテが固まる前にハンコで柄をつけ、その上からクロスメイク
(染色)して仕上げます。写真でも分るように、どこに穴があったのか わからないレベルまで修復します。
また、クロスのひび割れやハガレなどクロスの劣化による隙間やそりに対しても同様に修復できますので安心して任せてください。この方法はクロスの色がパテの色と違うので修復したあとが、すぐわかってしまいますが
クロスメイク、染色(全体を同じ色で仕上げること)することによって仕上がります。

クロスメイクの色の紹介

ベース色としてホワイト、ブルー、グリーン、チョコレート、ピンクの4色がベース色となります。また着色できるビニルクロスは
柄がついたものや、色がついたものはできませんのでご了解ください。

色を着色したときの違いは、、、、、、、下の画像になります。どうですか?違いわかります?

↑ 着色した状態                    ↑ 現状のビニルクロス(変更前)  

クロスメイクの費用は?

㎡当たり ¥800円となっております。 作業時間の目安としては、6畳間(10㎡程度)1時間で終了いたします。

ビニルクロスに比べ費用も抑えられておりますので、問い合わせの方よろしくお願いいたします。

 

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる