住宅診断(ホームインスペクション)in 南風原町

RC造 2階建て戸建て住宅 築40年

今回、中古住宅を購入予定物件の住宅診断(ホームインスペクション)業務依頼が不動産屋さんから依頼がありましたので、状況報告したいと思います。又、住宅購入者もリフォームもご検討されている物件でしたので、指摘事項含め現場調査も行って参りました。

内 部 検 査

↑ 床材が外部からの雨水の浸入により腐食しているのが確認できました。この状態になると表面のフローリングは補修ができない状態ですので、張替えすることを薦めております。また湿気がこもり易い状態ですと床下地からのやり替えが必要となってきます。

↑ 天井部に雨漏り跡があるのを確認しているところです。この状態ですと屋上に防水塗装で補修し、天井材を張替えを行うか
既存天井下地を利用して捨て張りを行ってからのリフォーム改修方法もございますので、状況に応じてアドバイスを行いました。

↑ こちらの雨漏りの跡は、自然換気口からの吹き込みによる雨漏りが原因だと考えられる状況です。壁に張って水が浸入し
キッチンの勝手口ドア上部の壁が腐食しているのが確認できました。この状態になりますと仕上材、下地材のやり替えすることを
お勧めしております。

外 部 検 査

↑屋上防水の状況確認を行いました。2年前に防水塗装を行った物件でしたが、箇所によっては劣化はじめているところもありました。通常、屋上防水・外壁塗装を行った場合、塗装業者より保証証が発行されますので保証期間がどれくらいなのか確認をして
おきましよう。

↑ 外壁塗装を行っているとは思いますが、住宅診断ではこういう箇所もチェックしております。ちょっとした不具合でも
雨水の浸入はあります。補修することで建物の持続年数は変わります。当社では不具合チェック、腐食度合いによって
アドバイス等を行っておりますので問い合わせお待ちしております。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる