住宅診断(ホームインスペクション)in 宜野座村

築20年 RC造 2階戸建て住宅

今回の住宅診断(ホームインスペクション)業務を行った場所は、宜野座村の鉄筋コンクリート造の戸建て住宅を調査いたしましたのでその状況を簡潔に説明したいと思います。
沖縄の場合、立地条件により建物の劣化状況がだいぶ変わってきます。今回も築20年の物件なのですが外壁塗装の劣化も初期段階の塗装の剥がれを確認、またひび割れや躯体の剥離などはありませんでした。
防水塗装も屋根、バルコニー床に施されており躯体の劣化防止対策を建物初期段階から費用かけて行っていたのが確認できました。

検 査 状 況

↑ 外壁塗装の塗膜の劣化のサイン!チョーキングの確認をいたしました。近い将来、外壁塗装の塗り替え時期がきているのでリフォーム等の計画時に行うことをお薦めいたします。

↑ アルミ手摺の表面に白いものが付着しているものを確認いたしました。これは塩害による錆です。アルミはサビないというイメージがあると思いますがスチールやアルミはこういった白い付着物が
ついているとそれは、錆なので見かけた場合、高圧洗浄などで付着物を撤去することをお薦めいたします。

↑ 屋外のシャワー水栓器具のメッキの錆の劣化を確認いたしました。ここまでくると取替えしないとボロボロになって剥がれてくるので取り替えることをお薦めいたします。

↑ レーザー測定を行っております。これは建物の傾斜確認を行い地盤沈下などによる建物傾斜確認を行っております。

↑ ホームインスペクションでは電気設備・給排水設備・換気設備のチェックも行います。機械換気設備につきましては動作確認や異音がないか?確認を行います。

↑ 天井点検口からの機器類のダクトの外れが無いか確認を行います。また躯体のひび割れや剥離、天井下地材の施工不良などがないか確認を行います。
今回の指摘事項としては、外部について多く特に経年劣化によるものがありました。詳しいことは当社の設計士へ電話での問い合わせ、若しくはメール等にて問い合わせお願いいたします。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる