住宅診断(ホームインスペクション)in うるま市

築 28年 RCB造 戸建て住宅

当社は沖縄県内にて住宅診断(ホームインスペクション)業務を行ってます。又、沖縄県内を北から南まで対応可能となっております。さて今回は中部にあります、中古住宅の不動産売買における重要事項説明に必要な
検査資料として対応させて頂きましたのでその検査内容を簡潔ではありますが説明したいと思います。

↑外部につきましては、躯体のひび割れや剥離など構造上の不具合の有無の確認、外壁塗装や窓廻りのコーキングの劣化の状況確認を行います。

↑2階部分も同じく躯体のひび割れや剥離など構造上の不具合の有無の確認、外壁塗装や窓廻りのコーキングの劣化の状況確認を行います。

↑バルコニーの床や手摺につきましては、躯体のひび割れの有無の確認、防水塗装の劣化の状況確認を行います。今回は築年数から致しますと躯体の劣化が進行している築年数でもあるため躯体劣化防止対策の上で

防水塗装することをお薦めいたします。(躯体のひび割れや雨漏りの原因となる場合、劣化の進行が早まる恐れがあるためです。)

↑ 天井内点検口から目視範囲内にて確認を行いました。蟻道があるのを確認できますでしょうか?今回の検査対象物件では天井裏や床下に蟻道の確認をいたしましたので、白蟻業者にて再調査を行い必要であれば
駆除や予防対策することをお薦めいたします。

↑ 天井内点検口から躯体のひび割れや剥離などの有無の状況確認を行いました。今回の物件では躯体の不具合などはありませんでした。

↑ 給排水設備の状況確認を行いました。当社では給水・排水の動作確認を行い水漏れなどの確認も行います。

↑ 造作材(ドア・扉)などの動作確認も行います。また収納内部につきましても白蟻の被害跡や蟻道、湿気によるカビの付着などの確認を行いました。今回は蟻道の確認をいたしました。

↑ 目視範囲内にてドアの開閉確認や付属金物の腐食による不具合などの確認も行いました。ドアクローザーの錆による腐食で正常な開閉動作の確認ができませんでしたので、取替え及び建付け調整が必要になります。

↑ 床下点検口がある場合、目視範囲内にて躯体のひび割れ、木下地材の腐食や蟻道の有無の状況確認を行いました。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる