住宅診断(ホームインスペクション)in 宜野湾市

築1年 RC造 2階建て住宅

今回は新築の物件を個人が購入する上で住宅診断を用いて不具合がなければ購入したいとの依頼がありましたので
対応いたしました。新築物件だと住宅診断(ホームインスペクション)をする上で瑕疵にあたる建物の躯体部分、
内部設備機器の不具合箇所を目視チェックすることにより不具合箇所を住宅診断報告書に記載して
お客様に現況の内容を説明いたします。
住宅診断(ホームインスペクション)はお客様にとって不安材料を取ることができる診断材料にもなります。
また今後メンテナスが発生する費用も対応年数に応じて長期修繕計画書を作成してご説明いたしております。
快適に過ごせる生活を与えるのがリノプラが行う住宅診断(ホームインスペクション)の役割と考えております。

外 部 検 査

↑ 屋上にて状況確認を行っているところです。コンクリートのひび割れや排水口の状況を確認いたしました。

↑ 軒裏スラブの状況確認です。コンクリートのヒビ割れ、コーキング(継ぎ目)の打ち込み状況の確認を行っている所です。

↑ 基礎の立ち上がり、外壁の状況確認を行っております。コンクリートのひび割れ状況の確認を行いました。

↑ 躯体の縦筋の配筋状況確認を行っております。300mm間隔で配筋されているか探査器を用いて確認を行っております。

内 部 検 査

↑ 換気扇の動作確認をしている所です。ティッシュペーパーを用いて吸い込みされているか確認を行っているところです。

↑ 検査時には新築・中古住宅関係なく給水・排水状況も確認を行っております。赤錆水の確認・水漏れしてないか?
細かくチェックしていきます。

↑ レーザー測定器を用いて建物の傾斜の確認を行っております。1m離した距離から2m範囲内の距離にて6mm以上超えてないか
測定を行っているところです。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる