住宅診断(ホームインスペクション)in 本部町

築30年 RC造戸建て住宅 2階建て

不動産屋さんからの依頼で今回は沖縄の北部にある本部町の戸建て住宅を住宅診断業務を行ってまいりました。
築年ということもあり、外部に関しては取替え時期にきているのでどのような修繕箇所があるのか報告したいと思います。

外 部 検 査 

↑ 築30年で外壁部分の修繕を行わない場合、窓廻りのコーキングの劣化が原因で雨漏りの原因となりますので補修することを
お勧めしております。

↑外壁及び庇のコンクリート部分も沖縄の紫外線により劣化スピードが早まりコンクリートヒビ割れや塗装の劣化などの不具合が
起きますので修繕することをお勧めいたします。

↑建具の防水ゴムの劣化確認もあれば、建具の滑りの確認も同時に行います。破損等があれば取替えをお勧めしております。

内 部 検 査

↑天井部分も確認いたしました。雨漏り跡が確認いたしました。部分的になのですが屋根の防水塗装することで雨漏り防止になります。また防水塗装、外壁塗装を同時に行うことで塗装屋さんから保証書を発行して頂けるのでなにかあったときのためには
必ず、保証書を発行してくれる塗装屋さんに相談しましょう。

↑建物の傾斜の確認を行っております。水平・垂直をレーザー測定器で確認を行います。

↑住宅診断では換気扇の動作確認や異音していないか確認を行います。

↑壁付けの換気扇のチェックの仕方です。テイッシュペーパーを使用して吸気しているか確認を行います。

報告書は基本、1週間以内で作成しご依頼者様に提出しております。その際、長期修繕計画書も作成し今後のメンテナンスに活かせるサービスも行っております。問い合わせの方お待ちしております。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる