住宅診断(ホームインスペクション)in 豊見城市

築25年 RC造 2階建て中古戸建て住宅

住宅診断(ホームインスペクション)業務依頼のお客様は、不動産からの売買物件で利用するという依頼を受け診断業務を
行いました。今回は、その診断内容の一部を紹介したいと思います。

外 部 検 査

↑ 開口部廻りのコーキング部分の劣化状況を確認しております。コーキングの劣化を確認した場合、補修することをお勧め
しております。そのまま放置した状態ですとそこから雨水が浸入し内部への雨漏りの原因と繋がります。またひどい場合には
白蟻の被害にあう恐れがありますので、開口部廻りは特に注意です!!

↑ 玄関の軒天井の状況を確認いたしました。木天井を使用しているケースがほとんどですがこれも放置した状態ですと
木が腐朽し白蟻の被害にあう恐れがあります。そうならない前に木部塗装で補修メンテすることをお勧めしております。

↑外壁を直接触った瞬間、白く粉上のものが付着しているのを確認しているところです。これは外壁塗装が劣化していて
粉上になっております。これをチョーキングと業界では呼んでおります。このような状態になった場合、躯体のダメージに
繋がりますので、早期メンテすることをお勧めしております。

内 部 検 査

↑ アルミドアのドアクローザー(開閉をスムーズに調整する金物)が破損しているのを確認いたしました。
利用する上で、強風等により指を挟んだりして事故に繋がりますので必ず補修することとして報告書に記載しております。

↑ 水廻りの赤錆の水は出ていないか確認を行っているところです。又、給水時において水漏れが起きていないか?
給水圧は問題ないか?を確認を行っていろところです。今回は、給水圧が弱いため利用する上で支障が出るので
報告書にて給水圧力の確認ということで記載させて頂きました。

↑建物の傾斜確認を行っているところです。住宅診断でメイン的なチェック項目です。建物が傾斜していた場合、沖縄本島では
傾斜を直すことができないので、建物傾斜の確認では不動産業者・個人のお客様も心配です。

↑床材の劣化状況を確認いたしました。合板フローリングの表面のキズや剥がれなどがあった場合
張替えの手段を選ばないといけません。補修費用がかさむので補修する上でリフォーム業者などに御相談してリフォームのご提案などのアドバイスをもらい検討しましょう。

※当社では、住宅診断・既存住宅瑕疵保険・適合証明検査(フラット35)の業務も行っております。
詳しいことは、当社までご連絡かメールで対応いたします。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる