住宅診断(ホームインスペクション) in 那覇市 マンション編

今回は、中古マンションを購入するお客様からの問い合わせで、住宅診断(ホームインスペクション)を実施いたしました。
マンションの場合、戸建て住宅と違い、外部は共有部分に辺りマンションの長期修繕計画に基づき修繕を行うので
チェックは行い、外部での検査で指摘等があれば報告書にてコメント記載いたします。
専有部分(内部検査)においては、戸建て住宅と同じ内容での検査を行い指摘等があれば補修していく内容となっております。

内 部 検 査

↑ 室内階段の踏み面が腐食しているのを確認いたしました。マンションの場合、合板フローリング仕様なので
張替えか上から増張りする方法で対処する形となります。もちろん費用面もだいぶ変わりますので
リフォームする際にはご相談してから見積もりを依頼したほうがいいと思います。

↑ 内部クロゼット扉の化粧シートが劣化により剥がれているのを確認いたしました。ここまで劣化していると
クロゼット扉取替えをするか、シートを張る工法でのリフォームする内容となります。

↑ 内部階段の内壁のビニルクロスが湿気により剥がれてきているのを確認いたしました。こういう波をうっている
状態は外部からの水分等により下地ボードまで水分を含んだために膨張してビニルクロスまで剥がれる原因となっております。
対処方法としては、ボードを湿気による不具合箇所まで取替えてのビニルクロスを張りなおすという形になります。

↑ 電気コンセント・スイッチ類も正常に作動しているか確認を行います。正常値の電流が流れているかを検査しています。

↑ 電気コンセント・スイッチ類も正常に作動しているか確認を行います。正常値の電流が流れているかを検査しています。

↑ クーラースリーブ(配管開口部)の劣化により隙間が開いております。そのままの状態ですと外部からの害虫進入に繋がりますので、室内機用のコーキング充填処理をお願いしております。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる