知っておくと便利 マンションリフォーム編

マンションリフォームでできること・できないこと

■マンションには、「専有部分」・「共有部分」があり、住宅内部のリフォームを工事依頼受けるのは、「専有部分」を
示します。ちなみに「専有部分」・「共有部分」の説明をしたいと思います。

「専有部分」とは・・・・個人の所有する住戸内・内部建具・キッチン・住設備機器を示します。
「共有部分」とは・・・・外廊下・バルコニー・玄関ドア・パイプスペース・屋上・専用庭を示します。

マンションでできるリフォーム内容をご紹介

■内装工事・・・・天井材の取替・間仕切り壁の変更・内部建具類の変更・床フローリングの新設・張替え
(※床材に関しては、管理規約により遮音等級指定あり。管理規約を参照下さい。)

■設備機器・・・・キッチン・洗面化粧台・便器・ユニットバス等の取替

■電気類・・・・・コンセント増設・照明器具の増設
(※確認事項としてマンション全体での電気供給容量が決まっているので工事業者に電気容量のチェックしてもらうこと)

マンションでリフォームができない内容をご紹介

■窓サッシ類・・・・・管理規約において制約がある場合がありますので、お住まいの管理組合にてご確認が必要です。

■バルコニー・・・・・外廊下と同じ部位にあたるので、住戸からバルコニーにウッドデッキなどを敷きたいという方は
一度、管理規約を参照にするか、マンション管理組合にてご相談ください。

■パイプスペース・・・住戸内部にあるパイプスペースは、基本マンション全体行き来している配管なので変更はできません。
リフォーム計画する上でパイプスペースがあった場合は、避けるように計画されたほうがよいでしょう。

上記内容を踏まえた上で、リフォーム計画・快適な住まいをリノプラはご提案・工事施工までお手伝いさせていただきます。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる