中古建物診断(Building Inspection )in 那覇市

築47年 RC造5階建て店舗ビル(外部検査 編)

中古建物の現況検査を行い外壁や屋上、内部躯体状況の確認を行って参りました。築年数から見て建物のメンテナンスは不具合が起きた場所の応急処置されている箇所が所々見受けられました。
今回の調査では、外壁塗装の劣化・内装材の劣化・電気設備や機械設備、給排水設備含む内容で行い報告書を提出いたしましたので、業務内容の一部を紹介したいと思います。

今回は外観の紹介をしたいと思います。

外 部 検 査

↑ 外壁の調査を行いました。築年数から外壁塗料の劣化現象が多く見受けられました。特に水膨れという現象です。外壁材の塗膜が破れそこに雨水が浸透し躯体と塗装の隙間に雨水が溜まる現象
です。夏場になると水蒸気で無くなりますが、塗膜の膨らんだ箇所から外壁材が剥がれ躯体の保護の効果がなくなるので建物の外部躯体の劣化進行が加速されます。外壁塗装の塗り替え、躯体のひび割れが
補修なども含め修繕計画を立てていくことをお薦めいたします。

↑ 屋上防水塗装の劣化及び水溜まりになっているのを確認いたしました。築47年の物件の屋根の水勾配の検討が元々されていない建物?なぜかといいますと排水処理のドレンがひとつもないからです。
排水処理の改善方法は、手摺壁と屋根との間に数か所、排水ドレンの設置することで水溜まりの解消となり、防水塗装の劣化防止にも繋がります。防水塗装の劣化が起きると下階の天井に雨漏りが起き始める
ので外壁含め屋上の定期的なメンテナンスは必要と思われます。

↑ 柱と手摺壁との取り合い部から錆汁の発生を確認いたしました。原因はやはり外壁塗装の劣化により躯体の隙間から雨水が浸透し躯体の複合劣化により鉄筋が腐食し錆が発生したと思われる。

↑ 屋根裏の確認をしているところです。防水塗装の劣化により雨水が浸透し石灰化によるツララが発生しているのが確認できました。状況により躯体の剥離(爆裂ともいう)現象が起きますので
防水塗装の有無は建物の劣化進行が左右されます。

↑ 建物の開口部(アルミサッシ)の開閉確認も行うのですが、下部レールの腐食によりアルミサッシ枠が膨張し腐食しているのを確認いたしました。こうなるとアルミサッシの取替えになります。
また状況によってはアルミサッシ枠ごと交換する工事にもなります。

 

※ 今回は外部検査の簡易的ではありますが紹介いたしました。引き続き次回、内部編をブログにて紹介したいと思います。

 

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる