既存住宅瑕疵保険検査(マンション編)in 那覇市

RC造10階建てマンション 築10年

当社は、住宅診断(ホームインスペクション)や適合証明検査以外にも、既存住宅瑕疵保険の検査業務・保険受付業務を
行っております。また検査も戸建て住宅・マンション問わず全て対応しておりますので中古住宅でご検討されている方へ
お勧めするサービスです。瑕疵保険に加入するためには、住宅保険会社からのチェックシートに基づき検査を実施して
問題なければ瑕疵保険証を発行しております。また検査実施するタイミングとして建物引き渡しから3週間前まで
検査及び保険申し込みを受付をお勧めいたします。
今回の瑕疵保険の申し込みも引き渡し日から逆算しての3週間前に検査・保険の申し込み手続きを行いました。

今回申し込みがありましたマンションの検査の実施状況をご説明したいと思います。

外 部 検 査

↑ 外観の検査を行っております。外壁のヒビ割れ、コンクリート欠損の確認を行います。

↑ 外観の窓廻りのコーキングの劣化状況を確認しております。コーキングの劣化が確認された場合、手直しが必要となりますので検査前に手直ししておくか、再度指摘のあった箇所につきましては、是正後に検査員がチェックに伺います。

内 部 検 査

↑ 換気扇の動作確認を行っております。動作不良もチェック対象なので不具合のあった場合は是正後に再チェックを
受けてからの瑕疵保険の手続きへと進みます。

↑ 換気扇の動作確認を行っております。動作確認のために電気の通電を申込者には事前にお願いしておりますので
検査時には未確認事項等はない形で進めてまいります。

↑ 床・壁の水平・垂直のレベル確認を行っているところです。検査時には床の傾斜(縦方向・横方向・斜め方向)と
計測を行い一番、厳しい数値をチェック項目に記載しております。

↑ 水廻りの作動状況を確認しております。赤錆水のチェック、水漏れのチェック等を行います。

↑ 天井内の換気ダクト、天井内の下地状況の確認を行いました。ダクトの脱着やコンクリート内部のヒビ割れや欠損などの
確認を行います。

既存住宅瑕疵保険を発行できることでのメリット

■ 既存住宅瑕疵保険のサービスは、1年保証・2年保証・5年保証があり、補償額も1年の場合、限度額¥500万円
2年、5年の場合、限度額¥1,000万円が瑕疵に当たる部位、給排水設備に関することであれば瑕疵保険が適用となります。
中古住宅での購入後における出費がないので、瑕疵保険の加入を当社ではお勧めしております。
金額等に関しては電話若しくはメールにて対応しております。ご気軽にご問い合わせください。

■ 既存住宅瑕疵保険の加入できる建物の年数は基本、旧耐震の建物(昭和56年6月以前)の建物でも対応可能です。
また、瑕疵保険の保険証が発行されることにより「住宅ローン控除」として減税対象物件にもなりますので
検討されてみてはどうでしょうか?

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる