フラット35 適合証明検査業務 in 沖縄市

築12年 RC造 2階建て

フラット35適合証明検査業務依頼がありました。その中で抜粋した内容でご説明したいと思います。フラット35と言えば固定金利で建物の購入資金のために融資を受ける住宅支援機構が行っているサービスです。
また申込審査につきましては、フラット35融資取り扱い金融機関にて申込して頂きます。
本審査を通った物件を検査業務の資格を持った建築士が現場で適合証明検査基準に基づき適合していないか確認い問題なければ適合証明書を発行して融資を受けれる内容となっております。
検査内容は既存住宅瑕疵保険、住宅診断(ホームインスペクションン)業務と検査項目はほぼ同じなので、建物に不備が見つかった場合は、是正してからの再検査になりますのでご注意ください。

↑ 建物の傾斜確認を行っております。2点間の測量を行いその差が6mm以内であれば、建物は平行・垂直になっているのがわかります。事前確認もできますので検査を通す前にご連絡頂ければ対応いたします。

↑ 外壁のひび割れ、コンクリートの欠け、開口部のコーキングの劣化の確認も行います。今回はリフォームされた物件でしたので外壁廻りについては問題ありませんでした。

 

↑浴室に手摺が設置されているか確認を行いました。今回、フラット35でもフラット35Sという融資を受けるということで浴室に手摺1か所、室内階段に1か所ずつ設けることが基準とされております。
その設置を確認しているところです。

↑室内天井・壁に雨漏り跡がないかをすべての部屋を今回確認しております。外部メンテナンスをされていることもあり、不具合箇所は見つかりませんでした。

※当社では、検査業務も行っておりますが、手摺設置工事も行っておりますので、ご希望の方は問い合わせよろしくお願いいたします。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる