住宅診断(ホームインスペクション)in うるま市

築45年 RC造 2階戸建て住宅

今回の住宅診断依頼は中古住宅を売買する上で現況の状態を調査しての報告書を提出させて頂きました。築年数経っているため躯体部分にはひび割れや剥離が多く見受けられましたので状況報告したいと
思います。

診 断 状 況

↑ 主要構造部と言われている大梁に大きな剥離を確認いたしました。ひび割れ補修で対応できないので、大規模な修繕を必要としている物件となりました。

↑ クラックスケールにて剥離の幅を測定した結果、10mm(1センチ以上)の幅に奥行は20mm(2センチ以上)ありました。剥離した躯体は撤去して内部の鉄筋の腐食度合いにより撤去、補強を行い
躯体部分は復旧工事で対応したほうがいいと思います。

↑ 内部につきましては、雨漏り箇所が所々あるのを確認いたしました。屋上も防水塗装がされておらず、躯体からの電気引き込み線からの雨水の侵入で雨漏りが現在も納まっていない状態でした。

↑ 屋根スラブ下の状況が確認できました。白く石灰化が起きて部分に剥離が起きているのも確認できました。改修・補修工事にあたっては屋上防水を施して内部の剥離部分や石灰化した箇所は
綺麗に撤去しての補修をお勧めいたします。

↑ 内壁も内装材の腐食により剥がれている箇所がありました。外部・内部・電気設備・機械設備を新たに設置しての大規模な改修工事が必要な物件でした。
当社では、建物の劣化状況や住宅診断を行うことで修繕箇所などアドバイスを行っております。ご気軽に電話かメールにて対応受付中です。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる