住宅診断(ホームインスペクション)in 読谷村

築25年 軽量鉄骨造 2階戸建て住宅

今回の住宅診断は、軽量鉄骨造の築25年の中古戸建住宅を診断業務を行って参りました。RC造と比べ診断内容が異なる部位もあり、調査するポイントとしては外観の基礎や外壁材や小屋組みなど
通常行う場所が異なるので注意して対応した物件となりました。

検 査 内 容

↑ 基礎のひび割れを確認いたしました。基準としては0.5mm以上のひび割れがあった場合は、是正事項として判定となりますのでご注意ください

↑ クラックスケールにてひび割れの測定を行っているところです。スケール判定では0.5mm以上となり、指摘事項として報告いたしました。

↑ 基礎の磁気探傷(無破壊検査)を行いました。縦筋のピッチが200mm(20cm)間隔で配筋されているのを確認いたしましたので、特に指摘はありませんでした。

↑ 床下点検口より床下地組の状況や給水管や排水管からの水漏れがないか確認を行っているところです。点検口からみた範囲内では特に指摘はありませんでした。

↑ 天井点検口より下地組や雨漏りなどがないか確認を行いました。特に指摘することはありませんでした。

↑ 建物の傾斜確認を行っているところです。水平方向、垂直方向の確認を各部屋ごとに行い検査を行いました。

↑ 建物の傾斜確認を行っているところです。水平方向、垂直方向の確認を各部屋ごとに行い検査を行いました。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる