住宅診断(ホームインスペクション) in 北谷町

鉄骨造戸建て住宅(2階建て)築12年 住宅診断(ホームインスペクション)

不動産 売買物件において 購入希望者からの問い合わせがあり住宅診断を行ってまいりました。
新耐震基準の物件ではありますが、鉄骨造の物件ということもあり、診断方法がRC造に比べ対応が違いますので
その診断方法をご説明したいと思います。

【ポイント 1】

基礎の立ち上がりが、300mm以上あることが条件、そして床下換気口が3m以内に一箇所以上あることが条件です、
その際、コンクリート基礎立ち上がり部分にヒビ割れや欠けが無いことも確認を行いながら目視検査を行っていきます。

【ポイント 2】

床下点検口からの範囲を目視検査を行いました。検査項目は違うのですが、下地の取付状況の確認、下地のサビによる腐食範囲
を確認いたしました。また内部の見える範囲での基礎のヒビ割れやコンクリート欠けの有無の確認も行います。

【ポイント 3】

外壁のサイデイングボードの破損、継ぎ目コーキングの劣化の有無の確認を行いました。
築10年を超えた物件なのでコーキングの劣化の不具合が見られてくる状況なので、依頼主にはその旨アドバイスいたしました。

今回の検査では語れない状況まだまだ沢山あります。住宅診断(ホームインスペクション)についてのご相談もご対応して
おりますので、ご連絡お待ちしております。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる