フラット35 適合証明検査業務 in 沖縄市 Part1

RC造2階建て住宅 築21年

今回、中古住宅購入資金を利用するフラット35の適合証明検査業務を行って参りました。
フラット35の検査でもフラット35Sの検査を今回行っております。よくある工事内容が住宅の内階段に手摺、浴室内に手摺が
それぞれ設けられていることが条件です。当社では手摺設置工事も行っています。検査同時に申し込み頂いた申込者には
手摺設置工事¥10,500円(税込)で取り付けております。検査と同時に手摺設置工事をお勧めいたします。

内 部 検 査 状 況

↑ 住宅診断と同じ内容をチェック行っております。換気扇動作確認を行いますので、通電できる形で検査時にはお願いして
おります。

↑ 換気扇の動作確認においてティッシュペーパーを用いて吸引力の確認を行っております。

↑ 給水の動作確認をしております。中古住宅なので赤錆の水が出てないか?配管からの水漏れがないか確認を行いますので
水道の開栓を検査時にはお願いしております。

↑ フラット35Sの融資適用する上で浴室に手摺設置工事を行いました。既存の内階段には元々手摺が設置されておりましたので
今回は浴室の手摺設置のみとなりました。

外 部 検 査 状 況

↑ 外壁の状況確認を行っております。0.5mm以上のヒビ割れがないか?コンクリートの剥がれがないかを確認行いました。

↑ 築21年ということもあり、外壁のチョーキングという外壁の劣化状況を確認いたしました。
手に白い粉状ものが付着しているのを確認できるでしょうか?
検査には特に問題ないのですが、将来外壁塗装をお勧めいたしております。

↑ 窓廻りのコーキングの劣化状況を確認しております。外壁塗装塗替え時と同時にコーキングもやり替えすることで
外部からも雨水侵入防止にもなりますので将来のメンテナンスする計画しながらマイホームを末永く持続させていきましょう。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる