住宅診断(ホームインスペクション)in 浦添市

築30年 RC造 2階戸建て住宅

今回は中古住宅の売買前における住宅診断業務を行いました。建物の劣化状況など含め購入前にわかる建物の健康診断を行って参りました。
築年数が30年となりますと、躯体の劣化や雨漏りなどの劣化現象や水漏れや換気扇の動作確認など電気含め調査を行って参りましたので簡潔ですが報告したいと思います。

検 査 状 況

↑ 建物外壁部分に細かい亀裂があるのを確認いたしました。これは外壁がコンクリートブロックの作りで表面モルタル補修の上で外壁塗装を行っており外壁塗装が一度も塗り替えを行っておらず、
表面モルタルの熱膨張によるひび割れが起き始めている現象です。ブロック壁は壊れませんがモルタルが剥がれ落ちてきますので、そうならないよう事前に不具合を確認し外壁塗装の塗り替えなどの検討
も含め購入することを念頭に入れておく必要があります。当社では概算費用として長期修繕計画にて建物のメンテナンス費用を算出しておりますので、参考にご覧ください。

↑ これは、建物調査などで使用する非破壊検査で内部の鉄筋が適切に配筋されているか確認を行っております。赤いマークが出ている箇所が鉄筋に反応しているサインとなっております。

↑ ホームインスペクションでは、天井点検口から見える範囲にて換気ダクトの外れや白蟻の被害にあっていないか確認を行っております。又、施工上適切な処理で施工されているかどうかも確認を行って
おります。

↑ 給排水設備において経年劣化による水栓器具からの水漏れを確認いたしました。使用していくと摩耗して水漏れを引き起こしますので給水管、排水管含め調査を行っております。
但し空き家の場合、電気・水道の開栓ができていない物件もありますので、調査する際には一時的な開栓をお願いしております。

↑ 天井材に雨漏り跡を確認いたしました。上部には部屋、水廻り、バルコニーもない状態での水シミ跡を確認いたしました。調査で確認できたのが壁面のひび割れではなく、壁換気口からの吹込みによる
ものと判定いたしました。沖縄の場合、台風時による強風の吹込みで水の侵入するケースが多いためステン換気フード付きカバーを取り付けることを推奨しております。

↑ こちらも、内壁面の剥がれを確認いたしました。上記でも説明した内容と同じになりますが、当社ではこういった不具合箇所を適切に依頼者側に説明及びアドバイスしておりますので
報告書などにも記載し提出させて頂いております。何か質問や問い合わせについては当社の設計担当まで問い合わせください。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる