旧耐震建築物 現場調査 in 那覇市

築50年以上 RC造3階建て 店舗ビル 改修現場調査

今回は、建物管理されている不動産からの調査依頼があり改修見積もりのため外壁や屋上防水などの現場調査を行いました。
当社では、リフォーム以外にも耐震診断業務以外にも、建物劣化調査を行い適切な改修方法などのアドバイスを行いその内容での見積もりを
お客様に提案しております。今回も簡潔ながら劣化状況などのポイントを紹介したいと思います。

↑ 外壁の塗装の劣化はすぐ確認できますが、やはり外壁等の劣化もひび割れや、コーキング等の劣化により外部からの雨水が侵入して
傷んでいるのが確認できました。この場合、雨水の侵入の原因とされる場所を特定し改修方法を選定していく流れになります。

↑ 建物内部を確認いたしました。床に雨漏り跡があるのがわかりますか?これは外壁もそうですが、天井部分の防水塗装の劣化、剥がれが原因で
躯体のひび割れから浸透して雨漏りを引き起こしているのが想定できます。修繕方法もこの時点で把握でき見積選定ができました。

↑ 屋上屋根の防水塗装の状況を確認いたしました。以前にも雨漏り箇所があったのか修繕した跡が確認とれました。この場合は部分補修よりも
現段階で雨漏りが改善できない場合、全体補修することを想定に提案と防水塗装の種類などのご提案をいたしました。

↑ 防水塗装の剥がれを屋根全体に多く見受けられました。この状態になってしまうと部分補修ではいけないのがわかりますよね?
防水塗装も沖縄に適した塗料を選定した形で建物の修繕管理することをお勧めいたします。
当社では、専門の技術者が現場でアドバイス等を行い対応しておりますので見積もり依頼があればご気軽にご連絡ください。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる