住宅診断(ホームインスペクション)in 浦添市

築24年 RC造2階建て戸建て住宅

今回の住宅診断(ホームインスペクション)の業務依頼はホームページからの問い合わせで診断業務を対応いたしましたので、簡潔にどういう診断内容だったのか報告したいと思います。
築24年の物件なのですが、外壁などのひび割れが多数見られ外壁塗装でひび割れ補修含め、開口部のコーキング処理の修繕を行えば充分問題なく住める物件でした。
但し、屋上へ登るための階段やタラップ(ステン昇降はしご)が無いため屋上の防水の劣化までは確認できませんでした。
住宅診断では基本、目視検査となりますので現状のままの状態で不具合箇所を確認し依頼主へ報告いたします。

↑ 外壁の劣化のサイン!!チョーキングと呼ばれるのが確認できました。塗装の塗膜が紫外線により劣化して剥がれております。

↑ 開口部廻りのコーキングが硬化して劣化しているのを確認いたしました。この状態になると下図のような現象が内部の窓木製枠に水が侵入して木が腐れるのでリフォーム改修が必要になってきます。

↑ 中古住宅でよくみられる現象の一つ!!外部から雨水の侵入で窓枠が劣化しているのを確認いたしました。外部からの雨水の侵入を防止し窓枠は綺麗に研磨を行い木塗装で保護することをお薦めします。

総評として

内部につきましては、壁の補修はありませんが床材フローリングの張替え若しくは研磨塗装にて補修が必要かもしれません。また開口部廻りのコーキングの劣化に伴い窓廻りの木枠が紫外線と雨水の侵入に
より劣化しているのを確認しております。取替をするか現状のままで再利用するのれあれば研磨塗装で木枠を再利用することをお薦めいたします。

住宅診断では電気や水道設備関係まで目視検査範囲内レベルで診断を行います。
診断するまえにご協力をお願いしております。診断業務を行う上で電気の通電・機械設備機器の水道の開栓手続きをお願いしております。
理由といたしまして、電気が適切な電流を確保しているか?換気扇の動作確認・異音がしないか?水道設備に関しては水道管の水漏れや設備機器の動作不良・水漏れを確認いたします。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
電話で問い合わせる